レビュー一覧(全32236件)

サッカー部に入ろう

読了後、入部届けを出そうかと思った。
それくらい、サッカー部が輝いた作品となっている。

いや、舞台はサッカー部だが、部員たちの熱き試合や活動主体のお話ではなかった。
これは青春の形、マネージャーと部員の話である。

サッカー部マネージャーの柏木は、人見知りながらも部のためにせっせと働いていた。
その姿を見守り支える須藤先輩。

読了後、爽やかな青春に触れた満足感を得ると同時に、サッカー部に入部したくなるだろう。
ぜひ、皆様にも読んできゅんとして頂きたい。

レビュー投稿者:斉藤 詩乃
2018年 02月 18日 19時 39分

小説タイトル:ありったけのエールを、抱きしめて!
小説情報

『今日も あなたと リフレイン』で、みんなの、想いを、深め合いましょう!

実は、じつは………、ふとした日常の一コマにこそ、すばらしいことが、隠されているのでは、ないでしょうか。

わたし達は、忙しい日常におわれて、ついつい、忘れてしまいがちなことがある。
たとえば、それは、上手く生きていくためには、必要なことなのかもしれません。

しかし、時には、日常のありふれたことに、あえて、想いを巡らし、お互いに、何かを、深め合うことが、しあわせに近づける道になるのではないでしょうか。

『今日も あなたと リフレイン。』は、そういうことを、思い起こさせてくれる作品です。

読後には、何かに気づけた、または、何かに気づきかけている、自分に、出逢えるはずです。

みんなで、❝気づき❞の旅に、でましょうぜー!

文章を書くことに、慣れていない、わたしが、どうしても、レビューを書きたくなった、あったかい、さわやかな作品です。

わたしは、あなたに、この作品を、おすすめしたい!

レビュー投稿者:HIDE HIDE
2018年 02月 18日 19時 22分 ()

小説タイトル:今日も あなたと リフレイン。
小説情報

和風ファンタジーが好きならきっと好きになる

この作品は和のテイストのファンタジーが好きな人はきっと好きになる正統派な作品です。特に妖怪が好きな人はどストライクだと思います。

妖怪の伝承や主人公の血筋に村の成り立ちと言った細かな背景、個性的な村の人たちや主人公と一緒に戦う仲間。それに主人公のあり方が好感を持てます。

主人公には血筋や才能もあります。けれどそれらは主人公の強さにはなりません。主人公は悩み、葛藤を重ねて成長をします。

良質なファンタジー小説を求める人に是非読んで欲しい作品です。

レビュー投稿者:Suzuki-Romy
2018年 02月 18日 19時 12分

小説タイトル:羽振村妖怪譚
小説情報

20世紀のお約束展開が現代に転生した結果

 イラストプレゼント企画をきっかけに拝読しましたが、70~90年代の『面白さを追求するために、敢えて細かい諸々を無視して勢いで突破する』独特のノリを現代に再現するとこうも面白くなるのか、と驚かされました。
 ややこしい設定は最小限、『強敵登場→ワタルピンチ→思わぬ手段で逆転→ワタル凄い→新たな強敵』と言うルーチンがこの小説の全てと言っても過言ではないですが、そのバリエーションがまた凄い。
 同じ小説の中で主人公がラップバトルとWeb小説レビュー、カードゲームにアイドルデビューで戦うお話を私は他に知りませんし、多分今後も出てこないでしょう。
 一見勢い任せに適当な事を描いているようにも見えますが、恐らく作者様は相当緻密なプロットを練られてこの作品を仕上げられているのだと思います。
 古い時代のテンプレを新たなオンリーワンに昇華させた、正に『お約束の現代転生』と名付けるべき作品です。

レビュー投稿者:太刀川 主
2018年 02月 18日 19時 10分

小説タイトル:トラック受け止め異世界転生ッッッッッ!!!!!熱血武闘派高校生ワタルッッッッッ!!!!!
小説情報

初コメント失礼します

この作品は自分の中でなかなかの作品だと思います!初めて読んだときに、主人公が強すぎたらどんな作品になるのかと思ったら、意外と日常的な場面が多く、飽きが来ずに読み続けられました!
最初、シャーロットが強くなりすぎた際に、アンナが心が折れたと読んだのでどうなるのかと思いましたが、今回こういう形で強化されたので嬉しいです!主人公達が強いことで、嫌なモヤモヤした感じがほとんどなく、裏表のない心情がまた良い点だと思いました。

いきなり失礼しました!

レビュー投稿者:紅葉
2018年 02月 18日 17時 27分

小説タイトル:剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?
小説情報

生きているという力

生きているということには、それだけで力がある。
極論を言えば生きているだけで、誰かの喜びになっていたりするのだ。それは両親や友達などが多いことだろう。
死は必ずやってくるから急がなくても良いという言葉に強く胸を打たれた。
たしかにそうだ。
死は誰しもに必ずやってくるものだからである。私は死にたがりだ。それでもこのエッセイを読んでもう少し生きてみようという気持ちになれた。
この作品に救われる人は少なくないに違いあるまい。

レビュー投稿者:斎藤秋
2018年 02月 18日 15時 18分

小説タイトル:生きているだけでいいんだよ。〜うつ病になった私の話〜
小説情報

五話が一話になったような密度

 なろうの小説を読んでいて、展開の遅さに辟易した経験はありませんでしょうか?
 何話読んでも物語が進まない……しかしそんな心配は、この物語には無用です。

 五話が一話にまとめられたかのような、納得と安心の密度。

 三話もあれば十分です。
 あなたはきっと、真面目系天然ボケの魅力に引き込まれることでしょう。

 パジャマが可愛いですよ。
 素敵な『休暇』を、あなたもいっしょに楽しみませんか?

レビュー投稿者:二見のぞみ
2018年 02月 18日 15時 13分

小説タイトル:最強パーティーで雑用係をしているおっさんが、無理やり休暇を取らされたようです。
小説情報

主人公最強系ならぬ最高系と評してみる

代わり映えのないクソランキングに辟易としているのであれば「これを読みな」と進言させていただきます。
最強系主人公も正しく使えば不快にはなりえないのです。
回りの人物ではなく主人公自体をキチガイ(アホ)化することで、最強系によくある不快感が存在しえなくなっています。
個人的にはですが、間違いなく現在絶賛放送中の某書籍化作品よりかは面白い。

レビュー投稿者:宇宙猫
2018年 02月 18日 14時 53分

小説タイトル:捨てられ貴族の成り上がり~やがていつかは国王陛下!?~
小説情報

自衛官が空中無双?

この作品は、某エース○ンバットシリーズをやっていた方なら必ずと言ってもいいほどハマる作品でしょうね。
エースパイロットが空中を無双する、そう思ったら意外とそう行かないのかも知れません。
個人的に第二次世界大戦期の機体しか知らず、この作品の第一次世界大戦期の機体は全く分からなかったのですが、ストーリーだけで楽しく読めちゃって、そしたら複葉機のこととかにも興味が湧きました。
元自衛官をいうこともあり、腕は凄腕、1話2話までぱっと見るとやはり空中無双でしょう。
ですが、もっと読み進めると自分的には「ライバル的存在」みたいなのがいるんだろうかと思ってしまいます。
これからの話に期待大の作品ですので、みなさんもぜひ読んでみてください!

レビュー投稿者:centurion
2018年 02月 18日 13時 19分

小説タイトル:エースパイロットは転生者でした
小説情報

目覚めて、仕事をして、眠る。繰り返しの日常は本当ですか。

毎日、当たり前のように繰り返される平凡な日常。ささやかな幸せを求める大人の世界。突然崩れ去る現実を目の前に、男が取り戻そうとするものは。最強、無敵、異世界と言った人気のキーワードとは無縁の正統派のSF。短編ではあるが、長い物語りのプロローグのような奥行きを感じる作品です。アニメチックでない、映画のようなビジュアルが浮かんできました。ぜひとも、頑張って下さい。

レビュー投稿者:寝起眼
2018年 02月 18日 12時 42分

小説タイトル:幸福な眠り
小説情報