レビュー一覧(全32236件)

私はコレで日間総合ランキング17位になりました。

私は執筆歴は長かったのですが、ただの一人にも読まれない環境で孤独に書いていました。

そんな中、2年ちょっと前になろうに投稿を初めても、悲しいほどに鳴かず飛ばず。
スコップでランキングに偶然載れても、一瞬で圏外落ち。
どうがんばっても奇跡的に一作だけブクマ600で、それからはさらに下がって、書いても書いてもダメになっていく一方でした。

これが自分の限界なのかな~……と。

そんなとき、この作品に出会いました。
『もっと読者のことを考えろこの野郎!』
そう言われてガツンと殴られた気分でした。

今までも読者のことを考えていた気でいましたが全然、足りていなかった!

そこからまた小説というモノを構築し始めて、失敗やエタもあったりしましたが、ついにブクマ3000。
一ヶ月近く日間、週間、月間総合ランキングに載り続ける作品を作り上げることができました。

氷室先生! リアルほむほむ、やりました!

レビュー投稿者:タック
2018年 02月 17日 19時 37分

小説タイトル:なろう作家の火村君は『コピーライター』から、小説の『売り込み方』を学ぶようです
小説情報

ハンターハンター過ぎて

気の概要がハンターハンター過ぎてビックリしました。
オマージュも良いですが、訴えられないように気を付けた方が好いかと思います。
あれこれ描きたいことが有るのかも知れませんが、作品を頻繁に書きすぎていて面白い作品を書ける才能が有るのにどれも中途半端に二流の上位位な感じとなってしまっています。
まずは一つ一つの作品を大事にしてはいかがでしょうか。

レビュー投稿者:たか
2018年 02月 17日 19時 29分

小説タイトル:女騎士の息子、英才教育の果てにハーレムを目指す
小説情報

あまーい恋、確かな人間ドラマ、スリル、サスペンス、全てがこの中に!

このお話はちょっと変わった恋物語が主軸です。
でもね、その他もろもろ、ぎゅうぅーっと詰まった群像劇なのです。

夢見る少女のふわふわ、キラキラな心の行方は?
孤独なマッドサイエンティストの「恋」の実験は、果たして成功するのか!?
王子様の影で進行する不気味な殺人、のっけから異彩を放つ「何か」とは?

わくわく、ふわふわ、ドキドキ、ハラハラ、ぴりり、ふわり。

登場人物たちの踏むステップは、時にかわいく、時に合理的で、時に真摯に、時に優雅、時に不穏です。

さあ、あなたも物語を読んで、舞踏会へ。
読者という特等席で、二人のワルツを眺めましょ?

レビュー投稿者:遥彼方
2018年 02月 17日 19時 28分

小説タイトル:そしてふたりでワルツを
小説情報

平松伸二感の半端ない小説である!

ちなみに、平松伸二とは、「ブラックエンジェルズ」「マーダーライセンス牙」「ドーベルマン刑事」という漫画を描いたジャンプの黄金期を支えた高名な漫画家であるが、私は彼の作品の中に、濃密に平松先生の影を感じるのである。たとえば、悪役っぽい人物の妹が、アイドルでみなに玩具にされて殺されたというエピソードがあるが、平松作品には、アイドルが出てくると、ビルの上から泣きながら飛び降りることが異様に多い。ここまで読んで確信した。初めにナレーションが入る、BBCのドキュメンタリーみたいなタッチなのも面白い。自分はあんまりファンタジーの戦闘は物凄く嘘くさいので、嫌なのであるが、そういう意味でも自分好みの作品である。後は主人公の影のある感じをどう作品に反映させるかだろう。良質のダークファンタジーになるのではないかと期待している。

レビュー投稿者:牧空素
2018年 02月 17日 18時 42分

小説タイトル:ファントム・レギオン
小説情報

インテリメガネはボケも秀逸

インテリメガネ。

この作品の主人公にして最強の事務員だ。
事務員というか、最強の雑用係?


ワーカホリックで効率をこよなく愛する彼が、働き過ぎを理由に暇を出された。
有能故に、倒れられちゃ困るんだ。


まぁ、仕事中毒という人種は、やることなすこと仕事にしちまうんだ。
このインテリメガネことクトーも、そんな人種だ。


仲間が気を利かせて休暇にと温泉へ追い出したのに、こともあろうか貧弱少女を拾いやがった。
この娘がまた想定外どころのレベルじゃないくらいに弱いんだ。


できの悪い奴を見かけたら鍛えちまう。
そして有能な人間に育てあげちまう。
クトーはそんなやつだ。


真面目が故のボケ。
常識をはき違えたが故のボタンのかけ違い。


シリアスとコメディを闇鍋に突っ込んでここにお届けする、ちょっと変わったファンタジー。

ただのオッサンものとは、違うのだよ!

レビュー投稿者:海水
2018年 02月 17日 18時 11分 ()

小説タイトル:最強パーティーで雑用係をしているおっさんが、無理やり休暇を取らされたようです。
小説情報

重すぎず軽すぎない。これぞ適切なハイファンタジー!

日本から転生して勇者に祭り上げられたリョウガは、魔王との一騎打ちを迎えようとしていた。
戦いは思わぬ結末を迎えようとしていた。リョウガには転生前に苦い後悔があった。
その結末を変える為、リョウガは勇者らしからぬまさかの行動に打って出る。
 
私はこの部分のリョウガの行動に感動を覚え、この作品に魅了されていました。  
設定がしっかりしており、何をするにもちゃんとした理由があり、違和感なく読み進めていけるのも魅力のひとつです。
主人公のリョウガは勿論。仲間たちのキャラも立っていてとても面白いです。
ファンタジーの魅力のひとつでもある戦闘シーンも、迫力の戦闘描写をお楽しみいただけます。
そして、この作品ならではの面白い落ちが用意されていて、笑いもあり飽きさせません。
第一部が完結したところで、物語のひとつの結末まで読み進めることのできるこの機会に、是非ご一読ください。オススメです!

レビュー投稿者:ありしうす
2018年 02月 17日 18時 08分

小説タイトル:ゆうほれ~勇者よ、惚れてしまうとは何事だ
小説情報

今更感はありますが、レビュー失礼します。

自分がなろうで一番最初に拝読したのがこの『無職転生』でした。
面白く、感動もありと言うには無難な言葉ではありますがそれくらいしか出ません。
登場する人物の魅力もそうですが、表現や文章力にも注目して頂きたい。あまり難しい表現を使わないのに頭の中でアニメーションのように動くのを容易に想像出来るのはこの作品くらいだと自分は思います。
異世界ものの中でもダントツで面白い作品で、読んだことのない人には是非とも読んで頂きたい!
さぁ、ページを捲ってみましょう、無職転生の世界があなた方を待っています……!!

レビュー投稿者:華琳
2018年 02月 17日 17時 19分

小説タイトル:無職転生 - 異世界行ったら本気だす -
小説情報

最強パーティーの雑用係(No2の実力)の休暇という任務が始まった!

最強パーティの雑用係をしているおっさんが今作の主人公である。雑用係と言っているが、主人公はこれを自称とも言っても良いほどの実力の持ち主であり最強と言われるパーティのNo2なのだ。主人公だったが、無理矢理休暇をとることになってしまう。なぜなら主人公は合理主義の塊であり、自分の休暇にはまったく興味がなかったからである。そんな主人公に休暇を取らせるべくパーティーの仲間は策を巡らせ主人公に休暇を取らせるのであった。
主人公は休暇という任務だと自分に言い聞かせて休暇の旅へと出かける。その道中、新米冒険者の少女と出会い主人公は彼女と同行することになるのである。彼女は主人公をかけだしの冒険者だと思っており、そのギャップがまた面白い。
普段は裏方の彼が単独でどのような活躍をするのか注目の作品だ。

レビュー投稿者:斎藤秋
2018年 02月 17日 17時 16分 ()

小説タイトル:最強パーティーで雑用係をしているおっさんが、無理やり休暇を取らされたようです。
小説情報

ヒーローとは誰かの涙を止められる存在

ヒーローとは誰かの涙を止められる存在でなくてはならない。
ヒーローとは自分以外の誰かのために強くなれる存在でなくてはならない。
このお話は悲劇を笑顔に変えるお話だ。
幼き日に、勇敢な消防士によって命を救われた少女。それはその、消防士の献身によって成し遂げられた事だった。
彼の殉職により、幼き日の少女は誓った。彼に恥じない人間になろうと……

ヒーロー大好きなオリーブドラブ先生の珠玉ぞろいの中の一作です。
自分を救ってくれた人に恥じないような人間になろう。そう思って成長した彼女と謎のヒーローとの組み合わせ。
彼女の親友と、無口な用務員の少年との微笑ましい人間模様。

全部、ひっくるめてそういうのが好きな人にはたまらない世界観です。

この意味はぜひ、ご一読の上で!

レビュー投稿者:中島三郎助
2018年 02月 17日 17時 12分

小説タイトル:お嬢様学校のヒーロー用務員
小説情報

この世界の主役は人間という種族ではない

この世界の主役は人間という種族ではない

人間は猫や犬のように気分次第で弄ばれ
牛や豚のように食料とされる種族。

加護や祝福を与え
救ってくれる神様も人間には居てくれなくて
人間という種族に対して
好意も憎悪も向けられず
理不尽に殺され
理不尽に食べられてしまう世界

この世界の主役はエルフとヴァンパイア。

人間が絶滅していないのは
エルフとヴァンパイアの神様の都合で
人間の尊厳も意思も何も関係していない。

王侯貴族は饗宴で恐怖を紛らわせ
平民は飢えて次々に死んでいく

人間の神様が居ないことを人間が理解している世界

これはそんな人間という種族が
蹂躙され続けるだけの世界へと逆襲していく物語

愛玩動物だとしか見ていなかった種族も
食料だとしか見ていなかった種族も

すべてを巻き込んで
人間という種族も「人類」なんだと
世界の主役へと至るための物語

レビュー投稿者:にんじんさん
2018年 02月 17日 16時 42分

小説タイトル:ゲーム実況による攻略と逆襲の異世界神戦記(アウタラグナ)
小説情報