レビュー一覧(全22373件)

文官と皇女の、甘くて幸せな恋物語

人質という苦しい立場にあった文官のローイック。
そんな彼は、美しく天真爛漫なキャスリーン皇女に恋をします。

身分違いの恋に二人は嘆き、苦しみ、距離を置く決断を……といきそうですが、この作品は一味違います。

立場に翻弄され、時には苦しい思いをしながらも、絆は決して切れることなく、いつだって二人は明るく楽しくあり続けます。
互いを愛しく思うからこそ、身分という壁にもへこたれず、何があってもそばにい続けようとしているのかもしれません。

そんな二人が振りまく、あまあまっぷりといったら、作中の登場人物ですらあてられてしまうほどだったりします。

そして、もう一組のカップルの恋模様も描かれており、そちらも甘く、ときめいてしまうこと間違いなしです!

本編も完結されていらっしゃいます。
甘くて温かい最高のハッピーエンドを、ぜひご覧になってください。
文官さんならではの戦いもまた必見ですよ!

レビュー投稿者:星影
2017年 04月 25日 11時 56分

小説タイトル:第三騎士団の文官さん【4/23完結】
小説情報

爽快によめる、ゾンビバニック

この作品は、一般的に「なろう」でよくあるセオリーが満載だ。
「逆ハー」「主人公TUEE」など、何度も読んできていて飽きているくらいの人も多いはずなのだが、この作品では気にならない。

主人公のキャラクターがそうするのか、
女性陣との程よい距離感、
強いはずなのに、どこか等身大な主人公で好感が持てる。

気が付いたら、主人公に引っ張られて街をさまよう気分になった。

もう少し先が知りたいと思うあたりで完結しているが、腹八分目でよい。

レビュー投稿者:たーくん。
2017年 04月 25日 11時 13分

小説タイトル:エンディング後の世界を生き残る僕ら
小説情報

あなたの隣に寄り添う温もりは、今もそこに感じられますか?

 悠久の時を重ねて、わたしたちの頭上を廻るお月さまには、うさぎの姿があるのです。

 遠い遠い昔、この月のうさぎは二羽だったのです。
 隣にいてくれたうさぎからは、いつから温もりと安らぎを感じられなくなってしまったのか?
 お話の序盤はせつなさが募ります。

 その確かな記憶にあるもう一羽を、探す決意をする残されたうさぎからは、つい応援したくなるような一途さを感じます。

 探し疲れて諦めかけたところへの、この結末。
 捉え方は、人それぞれかと思いますが、わたし好みの結末に、胸を撫で下ろしたくらいです。

 小さなお子さまでも解りやすい文章。優しい言葉遣い。どれをとっても素敵な童話だと思います。
 読み聞かせ用にいかがでしょうか……。

レビュー投稿者:如月 ちあき
2017年 04月 25日 10時 12分

小説タイトル:月のうさぎ
小説情報

サイエンス・ファンタジーという新ジャンル

小説家になろうの総合ランキング上位を占める作品の傾向に食傷されている方にオススメです。
テンプレ的にチート能力を手に入れて、何のしがらみも無い異世界で思う様に無双する。
そういった作品は分かりやすく、テンポ良く進むため暇つぶしには最適でしょう。
でも、似たような作風が多く、内容の薄さが気になりませんか?

この作品は、出だしこそテンプレ的ですが、そこからの展開がリアルです。
偶然得た特殊能力を検証しながら手探りで磨き、異世界ではなく現実世界でなり上がります。

異世界編からは魔術や妖精などのファンタジー要素も出てきます。

高い文章力と、豊富な知識、臨場感のある描写で繰り広げられる骨太のSF(サイエンス・ファンタジー)

お手軽な異世界ファンタジー以外の作品を読みたいと思われる方は、一度読んで見てください。

レビュー投稿者:
2017年 04月 25日 09時 27分

小説タイトル:Banisher
小説情報

ファンタジーの王道を行く作品!

内容はネタバレしそうなので、割愛しますが…。
テンポよく戦闘シーンからキャラクターの心情や運命までキッチリと描きこまれた作品です。そのストーリーは、まさに王道そのもの。文章もまた個性味あふれる仕上がりとなってます。

また挿絵も御自身で描かれており、その点においても非常に好感が持てる作品です。

現在進行中のお話がちょっぴり辛いお話となっていますが、それも何のその!明るい方向へ向かってくれることを祈りつつ…
(目指すはハッピーエンドだよね? だよね?)

レビュー投稿者:しかの こうへい
2017年 04月 25日 07時 10分

小説タイトル:CRYSTAL ISTORIA
小説情報

シグとアレフの平和なやり取りが魅力

 導入部が少し重いのでその辺りで好き嫌いが別れるかもしれません。
 しかしその先がなかなか良いものです。

 レビュータイトルにある通り、落ちこぼれから再起した主人公アレフと、竜人娘シグのやり取りが平和でほんわか心癒やされます。

 ストーリー展開はジワジワ成長系に該当するかと思われます。
 まだ十分ではないが成長性に富む主人公が、クエストや事件を一つ一つクリアして、仲間が増えて、少しずつ認められて、といったゆったりペースの構成です。

 このスローテンポが本作では良い方向にふれてまして、ゆったりとアレフの成長と発展を見守る楽しみを生んでいます。
 小エピソードの積み重ねで作られているのでテンポも切りも良い。時間のない人にオススメ。

 ていうか、現地主人公モノもっと流行れ~流行れ~頑張れー作者ー!

レビュー投稿者:ふつうのにーちゃん
2017年 04月 25日 02時 20分

小説タイトル:人生は詰んでいたと思っていましたが間違いでした。ダメ人間はチートスキルで無双します。
小説情報

今冬一番心に残った短編です。

関東初雪の日に投稿された作品。
深々と降り積もる真っ白な雪と、工房の中で時間をかけて染め上げられる桜染の鮮やかさとのコンストラクトが、とても美しい作品です。
雪の無垢な残酷さが、悲恋をより一層切ないものに仕上げています。
雪はおろか桜の季節も過ぎた今ですが、タイトル通り待ちわびた春が来たこの時期に読むのも良いかと思い、是非お勧めさせていただきます。

レビュー投稿者:赤城
2017年 04月 24日 23時 47分

小説タイトル:春を待つ
小説情報

主人公、ヒロインと共に世界を巡る旅へ!

強い未練を残し生を終えた主人公が異世界で当時の記憶を有したまま奮闘する――今世で彼はどのような騒動に巻き込まれ、そして世界を救い、更には未練を断ち切るのか。
ヒロインの所有者となった主人公は彼女を連れて世界中を見て回る旅に出ます。彼女とのイチャイチャも見ていて癒されます、必見です。
物語はまだまだ始まったばかり、あなたもミキやレシアと共に独特の世界観の中を冒険しませんか?

彼らの今後の物語がどのように展開していくのか、続きが楽しみになるお話です!

レビュー投稿者:真琴
2017年 04月 24日 23時 38分

小説タイトル:異世界剣豪伝
小説情報

もっと評価されるべき

大層陳腐な言いようではあるが、レビュータイトルの通りなのである。
まぁもちろん各人の細かい好き嫌いにそぐうか否かはともかくも、読者の分母が増えれば順当に評価も増えそうな良作であり、なにがどうのってとっくにしっかり完結しているため尚安心しておすすめできようというもの。

主人公は魔道具職人。本人は戦わず戦うものに魔道具を与える側であり、選ばれし者ではなく選びし者な主人公はなんというかそこかしこでピタ○ラなスイッチを押し、動乱の遠因を生み出す存在である。退屈を嫌う運命の女神さまなんてのがいるなら、きっと彼に、いや「アバサ・ロット」に投げキッスでも贈ることであろう。
そして生まれゆく乱世を彼らは往く。


なにはともあれ群像劇ものお好きな方は、どうぞ試しに是非是非。

レビュー投稿者:甲斐桂十郎
2017年 04月 24日 23時 33分

小説タイトル:乱世を往く!
小説情報

カレーライスという共通語

「カレー」「カレーライス」

この言葉を知らない日本人がいったいどれだけいるのだろう。きっと赤ちゃんくらいなのでは……。

それほどに浸透しているカレーライスの思い出。

ふかふかのぬくもりをトッピングして食べてみる。


そんな経験が味わえること請け合いの作品です。


まあ、ひとくち食べてみてください。

絶対に泣くことになります……。

カレーライスはお好きでしょう?


レビュー投稿者:水分捕球
2017年 04月 24日 22時 47分

小説タイトル:日曜日はカレーライスの日
小説情報